読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白鵬が立会いの変化で勝ってブーイングの件

雑記 鑑賞 ニュース

こんにちは。

白鵬が立会いの変化で勝ってブーイングの件。 blog.livedoor.jp

何もわからず感想を言うと、私もこの横綱の姿勢には反対。

相撲は「選手権大会」ではなくプロレスと同じく「興行」ですから、見る側の納得感がすごく大切だと思います。横綱は、とくに白鵬のような圧倒的な力で勝ちあがった横綱はそれなりの相撲を取ってほしい。つまり、あの変化には納得感がない。

横綱になった頃の貴乃花の相撲がまさに横綱相撲という感じで、相手に好きなこと何でもやらせてその上で追い込むように外に出すという内容で痛快でした。小兵の、たとえば若乃花のような横綱なら変化してもいい気もします。

もちろん勝つこと自体も、面白い勝ち方をすることも要素として必要かと思います。ただ、それはするべき人、役者が他にいるという印象。

白鵬が立会い変化してブーイングが出ないのは…力が衰えてきて最後にもう一回優勝を決めたいという必死の状況じゃないだろうか。そういう意味で今回ブーイングが出たのはまだ白鵬に対する期待が現れている気もします。

では。

※追記:立会いじゃなくて立合いですね。…恥ずかしいですが、反省の意味もこめてあえてそのまま。