読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ出張準備まとめ

f:id:mamiske:20150909225305j:plain
https://www.pakutaso.com/

※2015年にUS出張がありそれでも困ったことがいくつかあったので更新しました。

社会人になって今まで海外出張なんて一度もなかったのに、今年に入って3回アメリカへ出張へ行くという事態が発生しました。結構直前に出張が決まったりして慌てるのですが、きっと次回は1年以上先になるので色々忘れているはずなのです。ということで備忘を兼ねてチェックリストにしてみました。まぁ、旅慣れた人ならもっと違うこと書くんでしょうけど。

割と公的なもの

パスポート

当然。10年ものだと期限が切れてるのに気づかない可能性もあるので早めに確認したほうがいいかも。僕はいやな予感がしたので切れる半年前に更新したら、ピッタリ10年のあたりに出張続発でした。あぶなかった。更新は申請から発行まで土日祝を除いて7日だそうです。

ESTA申請

アメリカのビザ免除プログラム…ということらしいです。14ドルかかります。クレジットカードとパスポート(の番号)がいります。2年有効。多分旅行とかでもいるんですよね?
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

クレジットカード

どこへ行ってもクレジットカードで支払いです。クレジットカード使わないのって、みんなでご飯たべたときに、一人が代表して払って、他は現金で集金…という場合と、あとはチップぐらいです。タクシーが現金じゃないと無理って時がありました。あとJCBは使えないところ多数。VISAかMasterかAMEXがいいかも。

現金

ということで、がんばれば現金はあまり要らないイメージですが、チップ分、割り勘分で1ドルを多めと10ドルをちょこっとぐらいがいるかな。タクシー代がカードダメなこともあったので、タクシー分ぐらいもっとくといいかもしれん。

その他事前準備があるといいもの

E-TICKETプリントアウト

番号とかがわかればいいので、たとえばスマートフォンで表示できるようにすればいいんですが、結局アナログなのが安心な気がしてしまいます。

ホテルの予約

まぁ、当然かもしれませんが、なぜか国際線に乗るときにホテルを聞かれたので事前に予約するべきなのかも。あと、日本語のサイトで予約すると、チェックイン後に期間短縮ができなかったりするようなので、自由度を確保するためには頑張ってホテルのサイトで予約するのがいいかも。

ボールペン

機内で税関申請の書類を記入するのに必要です。CAさんに「書くもの貸して」って言っても貸してもらえないことが多いので機内に持ち込むこと推奨。最悪、入国審査とかのあたりにボールペンはあると思うのでなんとかなりますが、落ち着かないので。

携帯電話

日本の携帯もお金を気にしなければつながります。データ通信も日本のキャリアの海外でのパケット定額は一日3000円ぐらいなので、どうしてものときには結構使えますが、長期になるとつらい。
 →ソフトバンクだとSprint網を使ったアメリカ放題が使えそうですね。
www.softbank.jp

ホテルはだいたいWiFiが使えますが遅くて不安定。
イモトのWifiが一日1000円ぐらい。空港でレンタルできたりもします。
www.globaldata.jp

今回は一応会社から連絡用携帯を持たされていて、そいつのテザリングとイモトWifi、アメリカ放題を確保しました。過剰ですかね…ネットがないのが超不安なので。

Skypeとか

ホテルのWiFiがある程度しっかりしていたらSkypeとかで話せます。LINEは回線が不安定でも結構使えます。Skypeは回線が不安定だと遅延が大きくなって使えないイメージです。
日本と話すときに通話品質的に一番使えたのは実はLINE、つぎは国際電話。で、アメリカの3G携帯にSkypeをインストールして通話です。

ヘッドセット

ホテルでパソコンをちゃかちゃか触りながら電話連絡とかするときは、手で持つよりヘッドセットで通話のほうが楽。

各種情報まとめ

ホテル、訪問先の名前、住所、電話番号とかはなんやかんやで結構聞かれました。特にタクシーはナビに住所入れて走ってたのであるとないとではだいぶ違う気がします。パソコン開いたらわかるんだけどなー、っていう状況よりはどこかにメモしておいたほうがいいかも。あわせてスマホでもすっと情報が出るようにしておくと安心感UPです。

クリアファイル

上記の情報をサッと出せるように紙に書いたりプリントアウトしたりするので、カバンに入れるときにクリアファイルがあるといいかも。

無線LANアダプタ

どのホテルもたいてい無線LANは繋がるけど有線LANはないので。会社から支給されたPCが古くて無線LANがついてないという場合は必要。というか、必要でした。

ネタ的なもの

スリッパ

ホテルの部屋にスリッパがないので持って行っておくと便利。

ヘアブラシ

同上。

歯ブラシ

同上。日本のホテルだと歯ブラシがないことなんてほぼないので忘れがち。

寝間着

当然浴衣とかないです。

カップラーメンとご飯、ふりかけ、お箸

ホテルには結構レンジとコーヒーメーカーがあるのであっためるだけで食べられるご飯とか、お湯だけで作れるカップラーメンとかあるといいかも。慣れてくるとそんなに食べないようになってきましたが、朝ごはんに飽きたときと、着いた当日にレストラン探すのめんどくさいので食べたりします。
あと、日本だとお箸に困ることないので盲点かも。まぁ、ホテルでフォーク借りたりとかはできるかもしれません。

胃薬

基本食事が大量で胃もたれします。

洗濯用洗剤

洗濯機と乾燥機は結構な確率でホテルについているんですが、たまに洗濯洗剤がない場合があります。一回ずつ個包装になっている洗剤を洗濯回数の見込みに合わせて持っているとよさそうです。ちなみに、つかうのにたいていクオーター(25セント玉)が金額分いりますので、フロントで聞いて両替です。

iPad

ホテルでWiFiつないで、日本語の動画サイトにでもつなげば、普段部屋でだらだらしているのと同じ状況がアメリカに再現されます。ちょっと回線が遅いのが難点ですが。

消臭スプレー

ファブリーズ的な。洗濯が面倒なのでとりあえず匂いだけ消してごまかす。ただ、空港でX線通したあと「これ何?」って聞かれました。とくに問題ありませんが。

空港の名前

例えばワシントンダレスだったら、"Dulles"と"IAD"の両方を覚えとくと伝わりやすいかもです。タクシーの運転手にどちらかしか通じないことが結構ありました。発音の問題も大いにありそうですが。

電源分配

テーブルタップがないと不便。コンセントの形状は日本と同じです。電圧はちょっと高いけど、大概のものは大丈夫かな。

ポータブルバッテリー

外であれこれ調べながら過ごしているとあっというまに携帯の電池がなくなってしまうことがあります。

財布

円とドルが混ざると不便なので分けとくために。

超個人的なもの

Android用USBケーブル

仕事でも使うので5本とか。

有線LANケーブル

ホテルの無線LANは遅いけど、有線LANは早いことがあります。

工具

ドライバー、ニッパー、ハサミ、ピンセット、テープ類、その他状況に応じて。

USBメモリーなど

ポータブルHDDとかUSBドライブとか大きなファイルをやり取りできるように。

領収書まとめ

無くさないようにまとめられるものを。

報告など

報告書は出張中に書いとくと楽だよ!

爪切り

爪が伸びたら耐えれん。

使えない英語

ともかく英語は苦手なので、正しいかどうかはともかく通じた気がした英語と聞こえてきた英語。

ホテルで予約より早く出発するとき。
I'm leaving tomorrow morning.
I'd like to change my reservation.

ルームキーでドアが開かないとき。
My room key doesn't work.

ホテルに荷物が届いているので受け取りたいとき
Probably you have received a packet for me.

同じホテルで明日から新しく予約したいとき、
I'd like to make a new reservation from tomorrow.

飛行機が飛ばなくなってどうしたらいいかわからん
I don't understand very much the situation.
This is my ticket.(と言ってチケットを見せる)
わざとたどたどしく言うのがポイント。それなりに適切なフライトに割り振ってくれました。

入国審査で目的を聞かれたとき。
Business meeting with our subsidiary.
これを答えたら、このあと日数聞かれただけでした。3回めだったからかもしれませんが。

ご飯食べてる時の店員の言葉
How's everything?
→Goodとか答えとけばいいとおもう。

店内で食べるかテイクアウトするか聞く店員のことば
For here, or to go?
→店内で食べるときはFor here、テイクアウトはTo go。

ホテルのフロントで何かお願いしたあと
All set.
→たとえば予約の変更とかお願いしたあと、完了しましたー、的な意味で言われるっぽい。

ホテルの予約はReservation、タクシーの予約はBookを使うのが多かった気がする。

基本的に英語はなんのこっちゃわからんので、肝心なところはこちらから頑張って喋って相手に"Yes"とか"Right"とか"Correct"とか言ってもらうのがいいんじゃなかろうかと。