読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット接続で悩むひととき、もしくは帯域制限についての考察

こんにちは。

この先のインターネット接続をどうしようか考えたりするんですが、固定接続はあまり候補になくてどの無線接続を利用するかという観点で考えています。 

 現状UQ WiMAXを丸一年使ったところでして、更新してもう一年利用する計画です。問題は次の更新時期。LTEサービスが十分使えるなら乗り換えたい。

で、おそらくドコモのサービスは割高と思われるので他社を検討するはずなのです。そしてドコモのXiに続く2社目のLTEサービスとして上記のSoftbank4Gのニュースが入って来ました。月額約6000円はちょい高いけどそれより問題は5Gbyte利用後の帯域制限。実際私の使い方でどれぐらいデータのやり取りをしているのか観測できていませんので本当に問題となるのかどうかわからないのですがちょっと嫌ですねぇ。

この手の帯域制限を目にする時にいつも思うことは、もっと早い段階でゆるく帯域制限をかけてもらうほうがありがたいということ。

例えば下り100Mbps出るとして、現状よくある帯域制限は月はじめから100Mbpsで通信していてある転送量を超えた瞬間128kbpsまで絞られるというもの。それよりも基本1Mbpsに帯域制限しておいて一ヶ月に10時間分のブースト時間が設定できて設定した時間の間だけ100Mbpsフルに出るといった制限のほうがトータルの転送量と体感速度の割合的にコストパフォーマンスがいいんじゃないでしょうか。

現実的な使い方をしていれば128Mbpsだと多少遅い印象だとしても1Mbpsで遅いと感じることはあまりないし、転送量の瞬時値もこれでピークを抑えることができる気がします。ちゃんとシミュレーションしたらそういうもんでもないんかなぁ。どこかこういうプランつくらないですか。